食べる薬

serious cat

別の記事ではカルドメックを「のませる」と書いてはいますが、具体的にはこの薬、犬に食べさせる薬になっています。これは非常に画期的なことです。なぜなら犬に薬をのませるというのは、なかなか大変なことだからです。
私たちにとって、薬をのむということは小さなころからやっていることですし、「薬が病気を治す」ということも説明を受けて理解できます。しかし犬にとっては、食べ物とは違う錠剤などを口に入れるというのはなかなか抵抗感を覚えてしまうものなのです。彼らは医療とか、「薬が病気を治す」ということを理解することができません。薬とは彼らにとって「何か奇妙なもの」に過ぎないわけです。錠剤タイプの薬を犬にのませるのに苦労した、という経験を持っている人もきっといるでしょう。

一方、カルドメックは苦労することなく犬にのませることができる薬です。なぜならこの薬は一見、犬が日常的に食べているものによく似ているからです。
具体的には、半生の牛肉をイメージしたものになっています。犬の食事の時間に与えることができる薬なのです。
カルドメックのような薬は、チュアブルタイプの薬と呼ばれています。チュアブルとは、「犬に与えるおやつ」のことです。気軽に食べさせることができる便利な薬なのです。
ちなみに、カルドメックを食べさせるのは月に1回のみ。毎日食べてくれるかどうかはらはらしながら見守る、というような必要はありません。そういう意味でも、カルドメックは便利な薬と言っていいでしょう。